新着情報

2016.04.28.  開催日 2016年7月15日(金) 19:00~21:00 【世界の乳幼児教育 ニュージーランド】

20160517-nz_______________20160715.jpg



未だ手つかずの太古の自然が残る豊かな国、マオリ系、ヨーロッパ系、ポリネシア系、アジア系と多種多様な人種が暮らす国、人の数よりも多い羊?皆様はニュージーランドと聞いて何を思い浮かべますか?

 今、日本の幼児教育・保育界でニュージーランドが脚光を浴びています。今回はニュー^ジーランド大使館 ニュージーランド教育担当官のピット美佐子氏、立教女子短期大学准教授の森眞理氏をお迎えし、通常よりも時間を延長し、じっくり学べるセミナーになります。

 ニュージーランド大使館、教育担当官ピット氏からはニュージーランドの教育の今の全体像を、森眞理先生からは、1996年に設定された世界初の統一カリキュラム、テ・ファリキ、子どもの学びや発想を視覚化していきながら、評価にもつながる、ラーニングストーリー、マオリの文化や言葉を大切にする保育・教育、コハンガレオ、についてお話いただきます。どの部分に魅力を感じるでしょうか。

講師:  森 眞理 立教女学院短期大学 准教授
     ピット 美佐子 ニュージーランド大使館
           ニュージーランド教育担当官

参加費: 一般 4,320円(税込) 当日 4,500円 
     学生 3,240円(税込) 当日 3,500円 

最少催行人員 : 10名


日時:2016年7月15日(金)
   19:00-21:00

会場:ウィローブルックインターナショナルスクール
    東京都港区元麻布2-14-28

お申し込みはコチラ>>>

-分野-
①国際社会の中での乳幼児教育
③乳幼児教育者の新しい専門性を考える
④21世紀を生きる子どもの学びを保障する

(分野とは、これからの乳幼児教育者に必要な事として、白梅学園大学学長 汐見稔幸先生に方向性を示して頂き当協会が掲げているものです。下記の4つに分けられます。
①国際社会の中での乳幼児教育
②子どもの育ち・発達への新しいアプローチ
③乳幼児教育者の新しい専門性を考える
④21世紀を生きる子どもの学びを保障する)