新着情報

2016.04.11. 開催日 2016年7月10日(日) 13:00-16:00 レッジョ・エミリア教育アプローチの探求【リチェルカ倶楽部】

「リチェルカ」とはイタリア語で『探究 Ricerca 』という意味。
         イタリア レッジョ・エミリア教育アプローチの研究と
                          新しい学びを探究します。


20160411-________________________20160710.jpg


レッジョ・エミリア教育アプローチを頭で理解するだけでなく心と身体も駆使しながらとらえてみませんか?
数あるレッジョ・エミリア教育アプローチに関する勉強会やセミナーが日本全国で行われています。
その中でもこうした実践の場は多くはありません。
毎回、その時の関心、物、集う人によりユニークな展開がなされる実践の場になっています。
幼児教育・保育が今、見直され現状やこれからの教育が語られています。
大人の探究の場、リチェルカ倶楽部では教育の過渡期を担う大人達が集い語ります。
初回の方から、場数を踏んだ経験者まで広くご参加いただけます。リチェルカ倶楽部ってどんな事をしているのだろうか・・
気になったら一度足をお運びください。お待ち致しております。



レッジョ・エミリア教育アプローチ探求の場【リチェルカ倶楽部】では、
イタリア教育実践家の石井希代子先生にガイドしていただきます。

-日時-
2016年7月10日(日) 13:00-16:00

-会場-
ウィローブルック インターナショナルスクール
(東京都港区元麻布2-14-28)

-講師-
石井希代子

-参加費(税込)-
一般 4,320円
学生 2,160円
当協会レッジョツアー参加者 3,240円

-最少催行人員-
6名

-分野-
①国際社会の中での乳幼児教育
③乳幼児教育者の新しい専門性を考える
④21世紀を生きる子どもの学びを保障する

(分野とは、これからの乳幼児教育者に必要な事として、白梅学園大学学長 汐見稔幸先生に方向性を示して頂き当協会が掲げているものです。下記の4つに分けられます。
①国際社会の中での乳幼児教育
②子どもの育ち・発達への新しいアプローチ
③乳幼児教育者の新しい専門性を考える
④21世紀を生きる子どもの学びを保障する)